この用語なぁ〜に?

・いせ・折伏せ縫い
・くるみボタン
・並縫い・縫い代
・バイアステープ・袋縫い
三つ折り縫い
・割伏せ縫い
a〜z

いせ

 平面の布を立体的に丸みがあるように、形づくる技法のこと。
いせる部分を細かくぐし縫いをして糸をしぼって、アイロンで立体を形づくることが多いが、特にぐし縫いなどを行わずに、いせ分量をいせる場合もある。

折伏せ縫い(fell seam

 縫い代の一方を細く切り落として、もう一方の幅の広い縫い代でくるんで、片返しにし、表から縫い押えること。
縫い代の押えとほつれ止めを兼ねた縫い方。


折伏せ縫いの方法

くるみボタン

 芯になる何か(木、金具、ボタン、綿)を布などで包んで作ったボタンの総称。


くるみボタンの作り方
並縫い

 手縫いの中では、最も基本的な縫い方で、2枚の布の縫い合わせに行う。
表と裏が同じ縫い目の幅になるように縫う方法。運針ともいう。

縫い代

 縫い目の裏側に縫い込む部分のこと。

バイアス・テープ(bias tape)

 バイアスとは、斜めという意味。バイアステープは布目方向に対して斜めに裁断された細長いテープのこと。布目方向に対して45°の斜めのものを正バイアスと呼びます。通常バイアステープは、この45度の正バイアスを指して呼ばれることが多いですが、用途によっては45°よりも角度がついていないバイアステープもあります。これは、少しだけバイアスという意味で、スコバイと呼ばれています。

バイアス・テープの作り方とはぎ合わせ方

袋縫い(fell seam

 2枚の布を外表に合わせて縫ったあと裏に返し、裁ち目を中に包むようにして縫い合わせること。


袋縫いの方法

三つ折り縫い(three fold seam)

 布端を三つ折りにして縫い押さえること。

三つ折り縫いの方法

割伏せ縫い

 縫い代を割り、その縫い代をさらに折り返して表布に縫いつける方法。縫い代の押えとほつれ止めを兼ねた縫い方。


割伏せ縫いの方法





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

俺の帽子 by imekaさん













Copyright (c) ,imeka, All rights reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・音声・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
またご利用中に生じた損害に対する責任は負いかねます。

        Supported by CRN