お裁縫のちょこっとテクニック
1回目の洗濯で、縮んでしまうのを防ぐには?

 
布には、色々な種類の素材があります。お弁当袋等に使われる布として多く使われるのは綿の素材だと思います。
 綿の素材を使用して作ったもので、特に1回目の洗濯の時に、縮んでしまうことを経験された方も多いのではないでしょうか。洗濯で布が縮んでしまうのは、綿の素材が持つ特徴の1つでもあります。でも、洗濯1回目の時ほど2回目には、さほど縮みません。
 ですから、縮みを防ぐために、買ってきた布をそのまま使うのではなく、一手間加えることで防ぐことができます。素材によって一手間の掛け方は違いますが、綿の素材の場合は、水洗いが可能ですので、布の状態のまま、一度水に浸して乾かした布で作ればいいのです(洗濯しても大丈夫です)。そうすれば、その後の洗濯で、たくさん縮むことはありません。
 ただし、水洗いができない素材の場合は、方法が異なりますので注意して下さい。

バイアス・テープの作り方は?

 
バイアス・テープは市販もされていますが、共布で作ったり、好きな布で作ったりすることも出来ます。

バイアス・テープの作り方とはぎ合わせ方

縫い代の始末の方法は?

 ほとんどの布地の場合、裁断したままだとほつれやすいため、縫い代は始末した方が良いでしょう。縫い代の始末の方法には色々な方法があります。例えばピンキングバサミで始末する方法もありますが、洗濯を繰り返す物には適しません。そこでロックやジグザグで始末する方法があります。
 ロックミシンやジグザグミシンが無い場合や、何度も洗濯するような物には、縫うことで始末する折伏せ縫いや割伏せ縫い、袋縫い、三つ折り縫いなどが適しています。それに、これらの縫い代の始末の方法は、縫い代がスッキリするので出来上がりがとてもキレイなのです。


折伏せ縫いの方法

割伏せ縫いの方法

袋縫いの方法

三つ折り縫いの方法

くるみボタンの作り方は?

 くるみボタンを作るための金具が市販されていますが、任意のボタンを芯にして、くるみボタンを作ることも出来ます。

くるみボタンの作り方



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

私が私でいられる時間 by imekaさん













Copyright (c) , imeka, All rights reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・音声・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
またご利用中に生じた損害に対する責任は負いかねます。

        Supported by CRN